SAT単語の難易度と勉強法

日本の高校生が苦労する、SATの単語の攻略法について。

SATは、ネイティブでさえ勉強しなければいけないテストですから、日本の高校生は最初見た時、やる気を無くてしまうか、少々パニックになると思います。

なので、簡単な教材から始めて、少しずつ達成感を得る勉強法を紹介します。


教材選びの注意点

と、その前に注意点を1つ。

2016年に新SATに変更になりましたが、主催者は「今までと出題される単語が変わる」と明言しています。

そのため、教材を選ぶ時は、新SATに対応しているかちゃんと確認しましょう。2016年以降に発売されたものであれば、大丈夫でしょう。



具体的な勉強法

レベル1:最頻出単語を覚える

私が後悔している勉強法が:Cracking the SATなどに載っている単語リストを丸暗記しようとしたこと。SATに出る数千もの英単語を縦にひたすら並べたリストです。

しかし、SATで単語単体の意味を問われる問題はありません。試されるのは、「文章を読む力」です。

このリストをどんなに時間かけて完璧に暗記しても「読む力」はつきません。

代わりに、Barron's SAT Vocabularyで最頻出単語だけ覚えれば十分です。

SATに最もよく出る英単語をまとめたフラッシュカードで、頑張れば一ヶ月くらいで終わります。


レベル2:短い文章を読みながら覚える

繰り返しますが、SATで試されるのは、「文章を読む力」です。なのでできるだけ早い段階から、多くの文章に接することが重要です。


いきなり長い文を読むのは大変なので、SAT Vocabulary: A New Approachから始めるといいでしょう。

4ー5行の短い文を読んで、設問に答える教材なので、初心者でも無理なく始められます。

全問正解できるまで解き直すことをおすすめします。




その次に難しい文章が、Oxford Bookworms Library。イギリスの出版社が出しているシリーズで、小説の名作を、中高生でも読めるようにアレンジしています。

ステージ1からステージ5に分かれていて、ステージ1が一番簡単、ステージ5は単語、文法ともに一番難しくなります。

これを毎日少しずつ読む習慣をつけてください。




実は、SATの主催者であるCollege Boardは、「おすすめの読書リスト」を教えてくれています。(こちらがその一部)ここから最低でもを2〜3冊選んで読みましょう。アメリカの高校生もみなやっていることです。

その時に重要なのが、リラックスした状態でも内容が頭に入ってくるレベルまで練習すること。

文章を読むだけで頭を使いきってしまっては、設問に答える余裕がありませんので。

レベル3:アプリで勉強する

歴史や科学の勉強には、アプリを取り入れてもいいでしょう。

SATの教材よりは面白く作られていますし、無料のものも多い。

最大のメリットが、通学の電車を待っている間など、隙間時間をうまく利用できること。特に日本の授業もかなさなければいけない場合、こういう隙間時間の利用方法で差がつきます。

こちらの記事でおすすめのアプリを紹介しています。

SAT単語の難易度と勉強法 SAT単語の難易度と勉強法 Reviewed by yoko on 7月 23, 2013 Rating: 5
Powered by Blogger.